事業所紹介

当社はこんぴら参りで賑わう門前町で生まれ育って参りました。この写真は当社の前身となる「琴平タクシー」の看板が残る、当時の参道沿いに風景を収めた貴重な1枚。この小さなタクシー会社からスタートして現在まで、人(お客様・パートナー・仲間)と地域に支えられて今日まで事業を続けて来れた感謝を忘れずに、さらに輝く未来に向かって全力で挑み続けます。

コトバスグループ本社(琴平バス本社営業所)

香川県仲多度郡琴平町1228-1

琴平の山奥にある、コトバスグループの本社

私たちの本社社屋は琴平町、こんぴらさんの山間にある森に囲まれた小さな倉庫。それが私たちの本社営業所です。
シルバー&ゴールドのデザインをあしらったデラックス車両、チラシの華やかなイメージとは異なり、おそらく県内バス会社では最も質素な社屋ではないでしょうか。
実はここに、コトバスのイズムが凝縮しています。バス・タクシービジネスにおいて、お客様が会社に訪れることは、実はほとんどありません。お客様との接点はバス・タクシーの車内。ならば無駄なコストをカットして、社員の幸福とお客様サービスに全力を注ぐべきという考えを持っています。これからも誰かに対して見栄を張るようなことはせず、お客様にだけ真剣に向き合って、この"秘密基地"から世界に羽ばたくビジネスを創造して参ります。

コトバスステーション高松 (新日本ツーリスト/四国巡拝センター/琴平バス高松営業所)

香川県高松市朝日町5-4-18 ボイスビル1F

わくわくする、旅が始まる“トラベルゲート”

県内のバスツアー事業者で初の無料駐車場を完備する待合所、お客様が旅のご相談やご予約を気持ちよく行って頂くための窓口として、コトバスステーション高松は生まれました。
バスツアー事業はすべて当所にて企画していますので、いつもの馴染みのプランナーも通常はこちらで勤務しています。
コトバスステーションは大切なお客様とのコミュニケーションの場でもあります。いつでも気軽にお立ち寄りください。

コトバスステーション鳴門インター (琴平バス徳島営業所)

徳島県鳴門市撫養町木津字原見谷1456-12

コトバス初の県外拠点

高松に続いて、2つ目の専用パークアンドライドとしてオープンしたのが、コトバス初の県外拠点・コトバスステーション鳴門インター。
コーポレートカラーのコトバス・ブルーで上品にデザインされた一際目立つ出で立ち。
徳島での拠点として、地域に根差していく覚悟を込めて作成したオリジナルのシンボルマークは、「鳴門の渦」と「バスのハンドル」をモチーフにしています。
※現在の営業時間は高速バス発着時間前後のみとなります。予めご了承ください。

コトバスグループについて
経営理念
役員・事業責任者紹介
グループ会社概要
事業所紹介
CSR(企業の社会的責任)

このページの先頭へ