インフォメーション

みんなの経済新聞で新日本ツーリスト「地元再発見の旅」が紹介されました。(みんなの経済新聞)

メディア一覧へ戻る

- 2016年5月24日 みんなの経済新聞(高松経済新聞) より -

香川大生「地元再発見の旅」プロジェクト、17回目は三野町・人形浄瑠璃と女太鼓鑑賞

香川大学(高松市幸町1)の学生と地元企業(新日本ツーリスト)による「地元再発見の旅プロジェクト」(またたび)の17回目の旅「人形浄瑠璃と女太鼓」(三野町)が6月4日に行われる。

同プロジェクトは、香川県の観光資源・食・地場産業などを地元の人たちに発信することで、地元の隠れた魅力を再発見してもらい、地域活性化につなげることを目的として行われている。事前に実際に現地に視察に行き、その地域の人と交渉し打ち合わせを重ねて協力を得ながら一つのツアーを作り上げるという。

今回のツアーでは、宗吉かわらの里展示館での塩麹づくり体験や、瓦窯で地元味噌を使ったピザ作り、四国霊場第71番札所「弥谷寺」の俳句茶屋で休憩、100年以上の歴史がある「人形浄瑠璃」と地元「神農太鼓」の演奏・演劇鑑賞が予定されている。

同プロジェクトのメンバーは「このプロジェクトで香川の地域のことを多く学び、頑張っている人たちとのつながりもできている。地域の人たちに、この活動を理解してもらえているし応援していただけているのがうれしい」と話す。「私たちの活動がきっかけで、地域が少しでも活性化されれば」とも。「ぜひ今回のツアーを機会に地元を再発見してほしい」と呼び掛ける。

旅行代金は9,800円(税込み)。申し込みはコトバスツアー。問い合わせ先087-823-5678まで。定員になり次第締め切り。

- 2016年5月24日 みんなの経済新聞(高松経済新聞) より  -

インフォメーション
2017年・2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2006年
2005年

このページの先頭へ