インフォメーション

遍路をビジネスに生かせ (四国新聞)

メディア一覧へ戻る

- 2016年9月7日 四国新聞より -

香川大大学院 17日にシンポ

香川大大学院地域マネジメント研究科が17日午後1時30分から、高松市幸町の香川大オリーブスクエアでシンポジウム「四国遍路×出会い×地マネ」を開く。講演やパネルディスカッションを通じ、四国八十八カ所巡礼をビジネスに生かす方策や若者へのPR方法について考える。

同研究科のシンポジウムは、学生が中心となってテーマの選定から運営までを行っている。今年はうるう年で、札所を逆回りすることで御利益が得られる「逆打ち」の年であることから、テーマを四国遍路とした。

遍路宿の予約や遍路情報サイトを運営する四国遍路(三木町)の佐藤崇裕代表取締役が「新しい四国遍路の価値を考える」と題して基調講演。パネルディスカッションには、佐藤さんのほか、銀行員で映画監督の香西志帆さん、四国遍路のガイドブックを製作している藤原慶さん、遍路バスツアーを運行する新日本ツーリスト(高松市)の楠木泰二朗社長が登壇する。

入場無料。希望者は直接会場へ。
問い合わせは地域マネジメント研究科〈087(832)1955〉。

- 2016年9月7日 四国新聞より -

インフォメーション
2017年・2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2006年
2005年

このページの先頭へ