インフォメーション

四国新聞で弊社のツアーが紹介されました。(四国新聞)

メディア一覧へ戻る

- 2018年7月20日香川こまちより -

教育×ツーリズム始動

三豊市の地域商社・瀬戸内うどんカンパニー(北川智博CUO=最高うどんビジネス責任者)は19日、琴平バス(琴平町、楠木泰二朗社長)と観光事業で業務提携すると発表した。子どもの感性を育む体験型教育に焦点を当てた瀬戸内英才教育ツーリズムプロジェクトを立ち上げ、今後、観光ツアーなどの企画開発に連携して取り組んでいく。

同カンパニーは2017年に設立。「瀬戸内」「うどん」をキーワードに、地域で稼げる仕組みの構築を目指している。

市役所危機管理センターであった発表会で、北川CUOは「市内には集客力のある観光資源が多く、それらを生かし、子どもの感性を育み、学びにつながる体験型ツアーを企画していきたい」と抱負。保護者らは子どもの成長を感じながら旅を楽しめるとした。

プロジェクト第一弾として10月27、28日に市内の宝山湖を巡る「瀬戸内サイクリング英才教育ツアー」を実施。プロのロードレーサーから指導を受けてサイクリングの魅力を体験できるという。

また、同カンパニーは地域産品を活用した加工品の開発、流通、販売を手掛けるブエナピンタ(徳島県鳴門市、大関興治社長)との業務提携も発表した。今後、同社が保有する商品開発ノウハウを生かし、三豊産の一次加工品を発信していく。

10月のツアーの詳細、問い合わせは(https://www.eisai-education.com/)

- 2018年7月20日香川こまちより -

インフォメーション
2018年・2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2006年
2005年

このページの先頭へ