インフォメーション

高知新聞で、琴平バスの高松空港―高知駅の定期便が紹介されました。(高知新聞)

メディア一覧へ戻る

- 2018年10月25日高知新聞より -

高知駅-高松空港にバス
28日から香港便に合わせ運行

【高松】琴平バス(香川県琴平町)は28日から、JR高知駅と高松空港(高松市)を結ぶ直行バスを週4日、上下1便ずつ運行する。本県と高松空港を結ぶバス路線は初めて。格安航空会社(LCC)の高松-香港線の発着に合わせたダイヤで、本県へのインバウンド(訪日外国人客)の入り込みも期待できそうだ。
(井上学)

週4日訪日客入り込み期待

運行は月、水、金、日曜日。高知駅発は月曜日が午前11時15分、水・日曜日が正午、金曜日が午前11時。高松空港発は各曜日とも午後2時45分。途中にバス停はなく、所領時間は2時間。運賃は片道2800円で、往復5300円。小学生以下は片道半額で、往復2500円。

香川県の観光客動態調査によると、2017年に同県を訪れた観光客は946万4千人と、瀬戸大橋が開通した1988年に次いで過去2番目の高水準。交通手段では航空機が前年比10.0%増の30万6千人と過去最多を更新し、ソウル、上海、台北の各線に加え、16年夏に就航した香港線の定着も背景にある。

5月に高松市で開かれた高知・香川両県知事会議でも、香川を空の玄関としたインバウンド観光推進の方針を確認。4月に民営化した高松空港は四国内主要都市との定期バス路線の拡大を目指しており、香川県外とつなぐ路線は琴平バスの大歩危・祖谷線(徳島県)に続いて2路線目となる。

高知県観光推進部の吉村大部長は「バスによるアクセス改善で香港から本県への誘客拡大が期待できる。今後、香川県などと連携し、香港でプロモーションを行っていく」と話している。

乗車予約は、コトバス予約センター(050・3537・5678)で受け付ける。29日には高知駅で運行開始の記念式典を行う。

- 2018年10月25日高知新聞より -

インフォメーション
2018年・2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2006年
2005年

このページの先頭へ