四国こんぴら歌舞伎大芝居

  • TOP
  • 演目と配役
  • 出演者プロフィール
  • ご利用案内
  • お申し込み

演目解説

こんぴら春の風物詩として毎年人気の「四国こんぴら歌舞伎大芝居」。ここではその演目の解説をいたします。

第一部

一、神霊矢口渡(しんれいやぐちのわたし)

六郷川の矢口の渡し。そこで渡し守をしている頓兵衛は、先の足利と新田の争いで、褒美の金欲しさに足利方の手先となり、新田義興の命を奪いました。そしてこの家に、義興の弟の義峯が、恋人の傾城うてなを伴って訪れ一夜の宿を乞います。義峯の姿を見た頓兵衛の娘のお舟は、ひと目惚れしてしまい、連れの女性が妹だと聞くと、お舟は義峯をかき口説きます。しかし義峯を新田の落人と知った頓兵衛が、再び金目当てに、義峯の命を奪おうと座敷の下より刀で突き刺すと、そこにいたのは娘のお舟で・・・。

お舟のクドキや頓兵衛の強欲非道ぶりなど、見せ場に富んだ作品です。

二、忍夜恋曲者(しのびよるこいはくせもの) 将門

朝廷に反旗を翻し、滅んでいった平将門。将門がかつて御殿としていた古御所に蝦蟇の妖術を使う妖怪が出没すると聞き、大宅太郎光圀が征伐にやって来ます。ところが光圀の前に現れたのは、島原の傾城如月と名乗る妖艶な美女でした。光圀に怪しいと悟られた如月は、実は平将門の遺児滝夜叉姫でその本性を顕すと、大蝦蟇を従えて光圀に抵抗します。しかし光圀に追い詰められた滝夜叉姫は妖術で姿を消すのでした。

古風な味わいと屋台崩しと呼ばれる大仕掛な道具など、見どころに溢れた舞踊劇をお楽しみください。

三、お祭り(おまつり)

山王祭の日。屋台囃子が賑やかに聞こえる中、町に戻ってきたのは、ほろ酔気分の鳶頭です。上機嫌の鳶頭は、なじみとなった女性との惚気話を始めます。そして若い者たちが鳶頭に打ってかかるのを振り払う賑やかな所作立てとなります。

江戸の大祭を題材にした、粋で洒脱な華やかな清元の舞踊です。

第二部

一、芦屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ) 葛の葉

陰陽師の安倍保名に命を救われた白狐は、保名の許嫁の葛の葉姫に化けて夫婦となり一子をもうけます。しかしある日、本物の葛の葉姫とその両親が訪ねてきたことで、葛の葉は身を引く決心をします。そして葛の葉は、泣く子をあやしながら、家の障子に「恋しくばたづね来てみよ和泉なる信田の森のうらみ葛の葉」という歌を書き残して、古巣の信田の森へと帰って行くのでした。

葛の葉と葛の葉姫の早替りや、筆を口に咥えての曲書きなどの演出も見どころとなる、子別れの愁嘆など親子の情愛溢れる作品です。

二、口上

裃姿の俳優が舞台に並び、皆様に五代目中村雀右衛門の襲名披露のご挨拶を申し上げる華やかな一幕です。

三、新古演劇十種の内 身替座禅(みがわりざぜん)

大名の山蔭右京は、愛人の花子がはるばる都へやって来たと恋文をもらい、なんとか会いたいと思っています。しかし奥方の玉の井が、片時もそばを離れようとしません。そこで一計を案じた右京は邸内の持仏堂で一晩座禅をする許しをもらうと、家来の太郎冠者を身替りにして花子のもとへと向かいます。しかし、この事が玉の井に知られてしまい・・・。

浮気な恐妻家の夫とやきもち妬きの妻とのユーモラスな一幕です。

こんぴら歌舞伎
こんぴら歌舞伎TOP
演目と配役
出演者のプロフィール
ご利用案内
お申し込み

このページの先頭へ